東武トップツアーズ(株)は
ラグビーワールドカップフランス2023の
公式旅行代理店です。

東武トップツアーズ(株)は
ラグビーワールドカップフランス2023の
公式旅行代理店です。

勝利への道

投稿者のご紹介・プロフィール

<略歴>

小口 耕平さん(右)
●大東文化大学(主将)卒
●リコー(現・リコーブラックラムズ東京)に加入
●1999年 ラグビーワールドカップ出場
●2006年 現役を引退して丸昌エンターテインメント起業
●日本代表キャップ数:10

田沼 広之さん(左)
●日本体育大学卒
●リコー(現・リコーブラックラムズ東京)に加入
●1999年・2003年 ラグビーワールドカップ出場
●2010年-2015年 リコーコーチ就任
●2015年-2022年 日本体育大学(ラグビー部監督・ 体育学部准教授)
●2019年 テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」西荻崇 役にて出演
●日本代表キャップ数:42
●愛称:タヌー

Vol.5 ~1YEAR TO GO・いよいよRWC2023まで1年!~

いよいよ!ラグビーワールドカップ2023開催まで1年となりました!!
ラグビーワールドカップ2019日本大会は、アジアで初のラグビーワールドカップ、ラグビー伝統国以外で初開催され、開催都市では、さまざまなラグビーを知って・楽しむイベントが開催されました。

2023年フランス大会は、ラグビーが誕生して"200年"という記念すべき年に開催されます。そして大会1年前の今年は、開催国であるフランス国内の機運醸成のため、全車両にラッピングが施されたラグビーワールドカップ列車が登場し、一番北の開催地リールを7月21日にスタートし、ナント、ボルドー、マルセイユ、ニース、サンテチエンヌ、リヨン、トゥールーズの試合開催都市を含めた50の駅を巡回、114日間でフランス国内11000km走行し 11月10日に終点パリに到着する予定です。
wrapping train

station

その他、開催地では、ラグビー関連のイベントが開かれ、盛り上がっています。
event1"title="ラ子供"

throwing balls

いよいよフランスでもラグビームードが高まってきますね。

当社スタッフも現地における下見、打ち合わせを行い、着々と準備を行っています。
写真の競技会場は、ワールドカップ大会予選プールDの予選で日本戦が開催される競技場です。
(2022年7月 撮影者:当社社員)

ナント
(ナント)

ニース
(ニース)

トゥールーズ
(トゥールーズ:日本事前キャンプ地)


今回は、大会1年前について、小口さん・田沼さんに日本代表にとっての1年前について語っていただきました。

今年10月29日国立競技場で開催されるニュージーランド戦が一つ目のキーマッチになると思います。
現在、ニュージーランドは、ランキング5位に位置し、今回の日本戦ではニュージーランドは絶対に負けられない思いで、本気で臨んでくる見ごたえある戦いになるでしょう。

日本も、絶対に初勝利を目指して、そうすると、10月1日、8日と14日に開催されるオーストラリアAの国際マッチでニュージーランド戦のメンバーが固められると思うので、候補選手のサバイバルが開始されますね!

もちろん、代表がほぼ確定しているだろうという有力選手はいますが、例えば、前回のテストマッチで李選手があれだけのプレーを見せてアピールされていますから、絶対はないんですよね。

過去の僕(小口さん)の経験で言えば、ワールドカップ大会年の春に落選したことがあるんです。しかし、最終合宿で代表に復帰することができて、本当に選手にとっては、1年前のアピールは、重要です。

小口さん田沼さん
(小口さん:左/田沼さん:右 1999年 日本代表合宿時)

しかも今回は、ニュージーランド(10月29日/東京)、イングランド(11月12日/ロンドン)、そしてフランス(11月20日/トゥールーズ)とラグビー伝統強豪国とのテストマッチなので、日本がどう挑むか本当に楽しみで仕方ありません。

さぁ、いよいよ1年前です! ラグビーワールドカップ関連商品も今後続々と販売いたしますので、お楽しみに~